予備校選びはランキングを参考にした

合格がわかったときの嬉しさと安堵感

偏差値の高い高校に進学自分の行きたい大学が見つかり合格がわかったときの嬉しさと安堵感

合格できるかどうかというのは半々といったところで浪人をするつもりはなかっただけに、一発勝負でしたから段々とプレッシャーに押しつぶされそうになってきました。
合格の可能性の方が低かったり、実力を発揮できれば間違いなく受かるといったレベルであればよかったのですが、半々となると落ちたときのショックが大きいだろうなと思っていたのです。
ここまで来たのに落ちてしまったらどうしようかという不安が常にあったのですが、講師がメンタル面に関してもサポートをしてくれたので最後は自信を持って受験に挑むことができました。
これで駄目なら諦めもつくという状態にまで持っていくことができ、納得のできる受験を終えることができたのです。
自己採点の結果では多分大丈夫だろうという思いはありましたが、合格発表があるまでは落ち着くことができずに不安がありました。
落ちていても仕方がないという気持ちはありましたが、やはり受かっていて欲しいという気持ちが強くて何をするにしても手が付かない状態だったのです。
合格発表の日までは本当に長く感じましたが、それだけに合格がわかったときの嬉しさと安堵感というのは今まで感じたことがないものでした。