予備校選びはランキングを参考にした

偏差値の高い高校に進学

偏差値の高い高校に進学自分の行きたい大学が見つかり合格がわかったときの嬉しさと安堵感

そこそこ偏差値の高い高校に進学をしたのですが、その先のことはあまり考えていませんでした。
大学には進学するつもりはあったのですが、どこにしようかは考えていなくて自分のレベルに合ったところに入ればそれでいいかなと考えていたのです。
特別高望みをするわけでもなく入りたい大学があったわけでもないので、あまり将来のことを真剣に考えていませんでした。
成績も二年生の序盤までは平均ぐらいで可もなく不可もなく、ごく普通の大学に進学をすることになるのだろうなとだけ思っていました。
ところが二年生の中盤になってから、急に学力が伸びてきて今まで考えてもいなかった大学も圏内に入ってきたのです。
その段階ではあくまでも可能性が出てきたという状況でしたから、何も対策をせずに受験をすればほぼ間違いなく落ちるだろうというところで、可能性はあるといっても自分の中であまり現実味がありませんでした。
しかし、その一方でせっかく成績が伸びたのであればいい大学に進みたいという気持ちを持つようになり、色々と大学のことについて調べるようになりました。